TOEICで生きる侍ブログ

「TOEICのスコアを上げたい人」が見るブログ

欲求の抑え方 勉強・仕事をすぐ再開する

 f:id:toeicer_samurai:20180924124451j:plain

 

少し休んだら、勉強を始めよう・・・
少しyoutube見たら、仕事を始めよう・・・
(男性であれば、エッチなサイトをついつい見てしまったり・・・)


といいつつ
気が付いたら、30分、どころか
1時間経過してしまうこともある。

今日やらなくてはいけないものがある時ほど、
ついついダラけてしまい、後で後悔する。

そういった人は、多いのではなかろうか。


自分も、その一人である。
(なんなら、改善するために、寺へ修行に行ったこともある。これは別の記事で紹介したいと思う。)

よくある方法だが、憧れの人をイメージして、頑張るというのは、限界がある。

人間は、生理的欲求には勝てない。

それをどう対処するのかを研究した。
この記事では、研究成果を伝えたい。






本題に入る。
作業・勉強をすぐ再開するにはどうしたらよいか。その対応策は、大きく分けると2種類ある。

①すぐやる

②一旦休む



記事を読んでくださっている方は、どちらが良いと考えますか??







私の持論

①「すぐやる」派。

ネット上では、休むことを勧めている方もいる。しかし、自分は、「やらずに休む」という選択肢はないと考える。

今日進めておかないと、苦しくなるから頑張って向かおうとしているのだ。やらずに今日を終え、挽回するはずの翌日の朝、起きられなかったら、目も当てられない。

 

では、やりたい気持ちはあるのに、すぐやることができないのは、何故??

 






以下の要因が考えられる。

a.疲れているから

b.飽きているから

c.サボりグセがあるから




まず「a.疲れているから」について

TOEICの勉強会、職場で、多くの人を観察してきて、圧倒的に多い理由が

疲れているから再開できない」 である。

蓄積した疲労であるため、小休憩、youtubeを見た程度では回復しない。起きてる分、余計に疲労してしまう。


【対策】疲労を取るために、寝る。
⇒休養の時間を増やすことが、絶対に必要。やらなくてはいけないことがあるからこそ、工夫する。


 

次に「b.飽きているから」について

動物は、そもそも飽きやすい生き物。
特に人間は、同じ作業を継続すると、やる気が低下し、効率が著しく低下する。一方、方法と環境を変えると、改善することがわかっている。

【対策】方法と環境を変える。
⇒飽きたと感じている脳を活性化させる必要がある。 

 


「c.サボりグセがあるから」について

実は、こういった記事を検索している人は、総じて、真面目な人であることが多い。サボりグセがある人は、検索すらしない。まずは下の対策を試し頂きたい。


では、具体的にどうすればいいか。




 

①意識改善 

「休養の時間を増やすこと」に意識を向け、行動する。

休んでいいんだと思うと、心の負担が軽減し、精神状態がクリアになる。
「これって、無駄だね」と気付くようになり、作業が一気に効率化されていく。今までのやり方が変わっていく。

人間は本来、頑張った後の喜び・快楽の為に、行動してきた。

「休むために、頑張ろう」とすると、とても気持ちが楽になるのは、そのためだと考えられる。

結局のところ、飲食や娯楽といったストレス発散、気分転換をしても、やらなくてはいけないことが沢山あると、疲労は溜まる。余計、作業・勉強を再開しにくくなる。


まずは、意識を改善し、休養を増やすための意識を持つ。

「速く終える⇒休む⇒楽⇒楽しい⇒さらに早く終わる」といったループまで、早く到達しよう。


成果を出して、凄いと言われる人って、仕事をダラダラしていない。そもそも、仕事を休みのように、楽しんでいる。

 

 

 

②具体的な行動
PCで、「同じ音楽」を「勉強開始時」に流す。
これを日に10回~15回繰り返す。

わずか1週間で、音楽を聴いた瞬間に、携帯を置き、勉強・作業を再開できるようになる。邪念に振り回されることがなくなる。


これには、きちんとした裏付けがある。
実は、人間の条件反射(conditioned reflex)を利用している。自動的に、自分を行動させるようにできる。(ルーティンや、パブロフの犬で知られる行動特性)

色々試したが、聴覚を利用した音による働きかけが、一番効果的であった。


では、具体的な手段を紹介する。

PCを使用する。
ヘッドホンもできれば使わない。
音楽は、声が入っていないBGM系がいい。
オフィスで仕事をするイメージを持つ。

「勉強・仕事すること」に、「普段とは違う特別感」を持たせる。

言葉を繕わなければ、
「格好いい作業空間で、仕事する自分」といううイメージを脳内に刷り込む。


音を勉強開始の合図として、認識させる。さらに、イメージを刷り込むことで、他の欲を抑制する。これは間違いなく、効果がある。

!!注意(CATION)!! 

くれぐれも音楽を流している最中に、娯楽等をしてはいけない。説明は不要かもしれないが、大変なことになる。
修復に1週間はかかる。(経験あり)






以上が、勉強・仕事をすぐ再開する技術である。

欲求に対し、同格である条件反射を利用して対抗する。試してみて下さい。

 

興味を持って頂けたならば、「☆」をお願いします。
大変うれしいです。