TOEICで生きる侍ブログ

「TOEICのスコアを上げたい人」が見るブログ

スコアアップ体験談「1人目」(500点⇒600点)

勉強会の一人目の方ということもあり、スコアアップをしたとき、とても喜んでいた姿を今でも覚えている。自分自身もとても嬉しかった。一番印象に残っている。勉強習慣のない人に1ヶ月の勉強をしてもらうのは、意外と難しいということも知った。

文法を一通り学習して、下地を作ることに成功した。リスニング強化により、PART1とPART2のスコアを伸ばすことができた。

 


しかし、まだまだ欠点はあって、新しい勉強をしなくてはスコアは停滞する。短期間でスコアアップが望めるPART5を中心とする勉強を1ヶ月実施した。

 

体験談「H氏(500点⇒600点)」

 f:id:toeicer_samurai:20181104190036p:plain



【1ヶ月での勉強効果】

L300⇒L320
R200⇒R280


〇単語力
「中学英語レベルの単語を完全にマスター」の状態から「高校1、2年レベルの単語まで完全にマスター」の状態まで成長。

〇文法力
「基本文法をマスター」の状態から「基本文法を速く使える」状態まで成長。
(但し、イディオムや慣用表現、間接疑問文、仮定法の詳細は理解していない)

〇記憶力
特に強化していない。

〇リスニング力
「PART1は満点を狙えるレベル、PART2は20問/25問を狙えるレベル」から大きな変化はない。

〇読解速度
PART5や短文に対する読解速度が高まった。

  

大きな変化が起こったのは、「読解速度」 

PART5だけではなく、リスニングパートの短文も早く読めるようになった。そのため、全体的にスコアが上昇した。 誤答が多いものの、手応えを感じていた。


どんな勉強をしたか

①1日1時間の勉強(土日は2時間)
②文法を意識したPART5の大量解き



PART5の大量解きとは
問題数500問以上をひたすら解き続け、間違い続ける。問題数は多いほど良いが、進捗を確認しながら、増やしていく。丸付けが終了した後は、解説を読む。

解説を使って、勉強する際、特に意識するのは「文法」

具体的に言うと、「文がどのように構成されているか」を意識する。
難しいことは考えなくていい。主語、動詞、助動詞、修飾語等がどれかを考えながら、英文の確認をするだけでいい。

これを行うことで、読解速度が確実に上がる。TOEICは、修飾部分の長い文章が多いという特徴がある。
The company which were established by famous designers have to reduce its inventory, So the representative of  the company will decide to make new plans.

「which were established by famous designers」「of the company」といった部分が修飾部分であるが、PART5において、答えに直結しないことが多く、時間をかけて訳す必要はない。

修飾部分を抜くと、格段に読みやすくなる。
The company have to reduce its inventory, So the representative will decide to make new plans.


1問あたり5秒~10秒の時間節約ができれば、×30問で、約2~5分の時間が生まれる。解説を読む時だけではなく、日頃から英文を読むときは、文法を意識して読む癖を身に付けよう。


問題数の目安

問題数500問以上をひたすら解き続けることを最低ラインとして記載させてもらった。PART5全体の7割ぐらいを把握する量としては、500問ぐらいだからである。

もし、730点以上を目指すのであれば、PART5を最低1000問は解いてほしい。これでようやく、PART5の8割~9割攻略できたと言えるからである。単純にミスをしなくなるという訓練が目的になるが、新しい知識を吸収することも当然ある。


公式問題集に加え、下記の問題集を使用すれば、スコアは100%伸びる。TOEIC900点オーバーに必須の問題集でもある。


TOEIC L&Rテスト文法問題 出る1000問

f:id:toeicer_samurai:20181104224051j:plain

Amazonで詳細を確認する。

https://amzn.to/2Pc0eXv


解説も丁寧で、ジャンル毎に問題が整理されているので、勉強しやすい。公式問題集を解き終えて、余裕が少しでもあれば、この1冊を解きたい。
PART5の9割を正解できる実力が身に付く。

 

以上、スコアアップ体験談「1人目」(500点⇒600点)となります。

文法の基本を押さえてから、PART1,2の短い英文で英語に慣れることができた。さらに、PART5を大量に解くことで、「英文を読む力」を急激に成長させることができた例。勉強習慣がない人にとって、毎日の継続は大変なことであるが、1ヶ月程度なら、頑張れる。参考にしていただきたい。

また、700点を超えたい人は、PART5をここで極めることをオススメする。PART5を学習し続けると、基礎力が向上するため、他PARTのスコアも上がる。1ヶ月はかかると思うが、「1000問完遂」に挑戦してみて欲しい。