TOEIC出題問題を知るブログ

700点・800点・900点を狙う

スコアアップ体験談「1人目」(280点⇒500点)

 

改定履歴
①2019年1月24日 役立つ記事の追加

スコアアップ体験談

 

自分がまだTOEICを始めたばかりの頃、スコアアップの体験談をよく見ていた。他人の成功談を見て、「こうなりたいなぁ」と思い、目標にしていた。
体験談がとても有り難かった。


最近では、検索すると、多くの体験談があるものの、1ヶ月でTOEIC800点という記事多くあり、正直「本当か!?」と疑ってしまう。元々高い能力を持っている人の体験談なのではないかと思う。

正直、見ても参考にならない。そこで、実際に自分が見てきたスコアアップした体験談を本ブログで紹介していくことにした。

まず、TOEICの先生として活動し始めた発端は、務めていた会社がきっかけだった。自己啓発活動が活発に行われていて、社員が社員に教える活動があった。

自分は、「TOEICの勉強会を開催して欲しい」という依頼を受けた。
そこから、講師としての活動が始まった。

「理論的にスコアを上げる」ということが、今もなお、自分の目標にしている。600点、730点、800点までなら短期間で、確実に取得させることができる。 

それでは体験談を紹介する。

体験談「H氏(280点⇒500点)」

 f:id:toeicer_samurai:20181027003241p:plain

【1ヶ月での勉強効果】

L150⇒L300
R130⇒R200

リスニング力を徹底強化した。

勉強のスタート時点

 単語力
⇒中学英語レベルの単語でもわからないものがある

文法力
⇒中学英語レベルの文法を理解していない

記憶力
⇒社会人なので、短期的な記憶力と処理能力は鍛えられていた

リスニング力
⇒PART1ですら半分程度の正解数

読解速度
⇒測定不能(最低レベル)

 

1ヶ月の勉強後

単語力
⇒中学英語レベルの単語を完全にマスター

文法力
⇒基本文法をマスター
但し、イディオムや慣用表現、間接疑問文、仮定法の詳細は理解していない

記憶力
⇒勉強前と変化なし

リスニング力
PART1は満点を狙えるレベル
PART2は20問/25問を狙えるレベル

読解速度
⇒勉強前と変化なし

大きな変化が起こっていることに気付くだろうか。

仕事をしながらの1ヶ月という短い期間で、変化が起きた。特にリスニング。PART1はだいたい満点、PART2は約7割~8割を取れるようになった。リーディングは、PART5の正答数が増えた。

どんな勉強をしたか

 

・1日1時間の勉強

・「文法力」と「リスニング力」の強化


ながら勉強はしなくて良いと伝えた。それよりも、座って落ち着いた状態での1時間の勉強をしてもらった。

「文法の理解」について
文法はTOEICのどのパートにおいても、必要なものである。文法の理解なくして、高得点はあり得ない。

だからといって、難しく考えることはない。
SVCをまず理解する。次に時制、助動詞、受動態、不定詞、動名詞にざっとルールを確認していく。

中学、高校時代みたいに日本語を英語で書くという勉強は一切必要がない。ルール理解して、英文を読むだけで十分。文法を理解するだけで、点数は物凄く伸びる。説明書みたいなものなので、1週間程度で読み切ろう。

 

「リスニングの強化」について

音と文字を繋げる作業をする。音声を聞きながら、英文を確認する。

注意することは、必ず公式問題集を使用すること。
(公式問題集の重要性は割愛する。知りたい人は過去の記事を参照して欲しい。)

狙うのは、PART1と2。
何故かというと、問題文が短いため、文法を理解することで、かなり正解することができるのだ。

ここからは、テクニックになる。
PART1は数秒で解き、他のパートを解くことで、スコアを上げることができる。そのためにも、まずPART1を極める必要がある。

詳細は、下記の記事を見て欲しい。新形式から約2年間、実際に試験会場に行って、問題を収集してきた。

収集結果と解説を載せた記事は、有料範囲としているものの、無料の範囲だけでも役に立つと思う。公式問題集でやるべき問題も整理しているので、絶対に役に立てるだろう。