TOEICで生きる侍ブログ

「TOEICのスコアを上げたい人」が見るブログ

最も伸びる勉強方法 「試験終了後の30分を逃さない」

 

f:id:toeicer_samurai:20180912003320j:plain

 

最も伸びる勉強方法。

 

それは、

「試験終了した瞬間に復習をする」

といった勉強です。

 
まぁ、昔から言われてきたごく普通のこと。
しかし、これは物凄く理に適っていた。

自分がオススメしているのは、
昔の復習とは、質が違います。

試験会場で、「どこをどう間違えたのか」を、

すぐに分析する。

 

その時の選択した気持ち、迷った気持ちまで。

 

人間、試験終了後から、1時間も経てば、数問は忘れる。

カフェに移動する頃には、復習の効果は半減します。

 

特に、TOEICは、問題用紙を持ち出すことができないので、その効果が顕著に出た。

 

勉強会では、

具体的にどのように分析し、自分の知識にするか

をアドバイスしています。

そして、「習慣化」してもらっています。

 

試験終了後の試験会場は、混み合っているので、20分は時間があります。

この時間を使います。

 

ここばかりは、感覚ですけど、

「10倍以上の勉強の価値」

「通常の勉強で手に入らない経験値」

得られると思っています。

 

まず、200分の通常の勉強で、

この復習を超えられるかというと、

自分は、超えられないと考えています。

集中力も違うと思いますし。

 

今まで勉強してきた蓄積をもってしても、

本番の試験で解けない問題があった。

これは、紛れもない事実。

 

悔しいけど、しっかりと、

解けなかった問題に向き合い、どんどん処理していく。

 

恋愛や、仕事と違って、

問題の種類って、1000パターンもないじゃないですか。

 

「同じ問題、類似した問題でも、次は解けるようにすること」

最も大切です。

 

 

復習のやり方は多々あるので、自分なりにやりたい人は、自分のやり方でやるのもありだと思います。

 

しかし、時間がない、効率的にやりたい、

どうやってやるといいんだろうかと思う方は、

Twitterで、やりとりしましょう。

 Twitter ID:@toeicer_samurai